あなたの自転車、「地球ロック」してますか?

先日、隣の課の、女子一番人気だった彼にフラれました。交際期間3か月。早くないですか?3か月でも、することはしてからフラれたから、余計に傷ついているんですけど。

OKをもらった時は、本当に夢を見ているのかと思いました。でもすぐに現実だとわかり、それと同時に、もういつか彼にフラれるのではないか、飽きられたらどうしようという、恐怖心も襲ってきました。彼に飽きられないように、彼と私の仲をロックできるように努力したつもりでしたが、フラれるのじゃないかと怯える心は、潜在意識のなせる業で、良くない方へ良くない方へと進むのですよね。自転車の地球ロックみたいに、他の誰かに彼を持っていかれない方法、なかったのでしょうか。

あなたの自転車、「地球ロック」してますか?自転車をその自転車自体だけじゃなく、ポールやフェンスなど、動かせないものにくっつけて鍵をかけることを、地球ロックということを、最近初めて知りました。子どもの頃から普通にやっていた鍵のかけ方ですが、誰かがうまいこと考えて、地球ロックと言い始めたのでしょうね。簡単には動かせない鍵のかけ方を地球にロックすると考えるなんて、随分壮大な話ですよね。
千葉 鍵屋
地球と比べれば、3か月でフラれた男なんて、ちっぽけな物です。むしろ自転車の方が、私にとっては役に立つ存在かもしれない。たまたま好きになったから、私にとってはその男に価値を感じていましたけど、自転車は好きも嫌いもない。移動手段として、昔から人々に必要とされてきました。自転車は地球ロックするにふさわしい存在でしたが、好きじゃない男なら、ロックする価値もない。まだ嫌いになれたわけじゃないけど、ロックできなかったのは、それまでの男だったから。本当に鍵をかけたい相手は、この先の将来、きっと出てくる。そんな風に考えるようにします。