自己破産のいいところと悪いところ

自己破産という言葉を聞くと、あまり良いイメージがなく、何か金銭トラブルなどを起こして、お金に行き詰ったようなイメージを持ってしまいますが、実際に自己破産をする事での、メリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
裁判所|倒産手続

まず、メリットの方から考えていきますと、一番わかりやすいメリットというのは、借金の返済がなくなるということだと思います。

もっとも自分自身の財産を放棄するわけですから、それ以上の借金がある場合に限ってのメリットだとは思いますが、借金の返済に対して取立てに追われて、家にゆっくりいることが出来ない、近所からも非難の目で見られる、場合によっては会社まで取り立てに来る為、定職に付く事も難しいなどということがあったかもしれませんから、それから逃れられるというメリットを考えれば、財産放棄する事ぐらいどうということはないかもしれません。
仙台 司法書士のコツ
一からやり直そうというきっかけに出来るのであれば、自己破産という選択肢は、非常にメリットのある決断ではないかと思います。

次は逆のデメリットの方ですが、メリットの方と比べるとたいしたことでもないような気がするようなことですが、自己破産者として官報に記載されますので、以降自己破産者では、就く事が認められていない職業には従事できなくなります。
個人再生のメリット・デメリット/債務整理なら有岡法律事務所

これに該当するものとしては、会社の社長や役員。税理士、弁護士、会計士などの士業。また、保険や証券関係等他人のお金に関わる仕事。そして、保証人などにもなる事が出来なくなります。自己破産にまで至った現実を考えれば、おそらくこのような規制はたいしたことではないのではと思います。それ以外に、クレジットカードやキャッシングサービスに関しては、ブラックリストにのり7年間利用できなくなるという事です。

また、一度自己破産するとそれ以降7年間は自己破産することが出来ませんので、その間の7年はお金を借りるという事が難しくなります。そして、再び自己破産できないということは、サラ金などの貸すほうにとっては、非常に好都合な相手となりますので、立ち直ってもう一度やり直そうとしても、いろいろな誘惑があるかもしれませんが、これを断ち切って7年間乗り切っていく意思は必要になります。